RSS

The 広場 of 「新・学問のすすめ」(その4)

論文「新・学問のすすめ」にいただいたコメント・メールやお手紙をここで紹介させていただきます。

The 広場 of 「新・学問のすすめ」(その4)
<N様からのお手紙>
…序章、本章に進むにつれ、ちんぷんかんぷんになって、…第2部へととんでみましたが、非常に難解な文章と内容ばかりでした。…民話や昔話の捉えは具体的でよくわかり、納得することができました。文化が宗教や気候と密接に関係しているという分類にも興味深く読ませて頂きました。1つの事象、1つの事柄を文章化するには、いかに多くの知識が必要とされ、深い認識と鋭い感性がなければ書けないということがよくわかりました。
…わからないこと、疑問に思ったことをそのままにしておかないで、自分の力(独学で)とことん追求して、し尽くしていく旺盛な探究心と好奇心、それでいて謙虚な物腰、それこそ少年のような輝きを感じました。

<小生より>
 あまりのべた褒めに穴があったら入りたいくらいです。
 第2部とて難解な部分が多いのは自分としてもわかっています。小生とて、中沢新一氏の「対称性の論理」は何度も読み込んでみて、やっとおぼろげに理解できただけですから。
スポンサーサイト
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

昭和23年9月生まれの団塊世代人。    本名:三宅和豊              住所:岐阜県羽島郡岐南町三宅5-246  農家の長男として育ち、工業系の大学を卒業後、岐阜県庁に技術屋としてではなく事務屋として就職した変人。21年間県職員を勤めて、中途退職。父親が始めた薬屋稼業を平成6年に継いで今日に至る。平成12年頃から稼業の傍ら、母親の農業を手伝うなかで、百姓の魅力にとりつかれる。士農工商すべての身分を浅く広く何らかの形で経験していることが唯一のとりえである凡人。              著書は次のとおり。順次ブログアップ中。  随筆「ヤーコンの詩」(平成18年3月)   論文「食の進化論」(平成19年4月)   論文「新・学問のすすめ」(平成20年4月)論文「犬歯の退化」(平成22年9月)

Author:永築當果
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR